yasai_batake

健康によい青汁の飲む際の注意点

自然由来100%の健康食品として昔から愛されている青汁は、野菜が苦手な小さいお子さんや、忙しくてなかなかバランスよい食事を取ることがむずかしいはたらくお父さんたちにとって強い味方。
昔から身体に良いものはあまりおいしくないという、例にもれず、そのイメージはまずい、飲みにくいというものでしたが、最近では各メーカーの企業努力により、例えば、ハチミツ入りなどかなりおいしく飲むことができるようになっています。
また主成分となる野菜も種々研究が重ねられ、スーパー野菜ケールや明日葉等々多くの栄養を簡単においしくとれるようになっています。
かくいう我が家でも、育ち盛りの子ども達にどうすれば野菜をとってもらえるのか、バランスよく栄養をとることができるのか試行錯誤を繰り返していましたが、最終的には青汁に落ち着きました。
なにより自然由来ですから副作用も少なく安心して与えることができますし、色んな栄養がいっぺんにjとれるので、タブレットの栄養錠のように一つ一つ考える必要がないのでとても楽です。
味も格段にアップしているので子どもでも抵抗なく飲むことができるのも大きなメリットですし、なによりも値段がお手頃というのも家計の大きな味方になってくれます。

このように、最強の栄養食品、バランスよい食育の味方の青汁ですが、飲用する際にいくつか注意点があります。
たくさんの栄養を含んでいる青汁ですが、その栄養素の中にはある条件に当てはまる人にはマイナスに作用してしまうことがあります。
例えば、ビタミンA、カリウムやリンなどは正常な人には欠かすことの出来ない栄養素ですが、肝臓の人工透析をしている方にはマイナスに作用してしまう可能性があるそうです。
また何かの薬を服用している場合、組み合わせに問題がある場合もあるので、併用する際は、必ず主治医に相談することをオススメします。
また野菜の絞り汁なので、いわばその成分をグッと凝縮したものですから、いくら飲みやすくなったとはいえジュースのようにがぶがぶ飲むと、お腹を下したり、ゆるくなったりすることがあります。
また場合によっては吐き気を催したりする可能性もあるので、感覚としては漢方薬のように、用法用量を守って、毎日少しずつとることが大切です。
あまりに多くの栄養素をふくむために、問題がでることもありますが、基本的には安全・安心の基礎健康食品であることには違いありません。
バランスのくずれた食事はもっと身体にとってはデメリットですから、賢くつきあいたいものです。
こちらのサイトwww.lesdessousdujeu.comにも、詳しい解説が盛りだくさんです。お勧めのサイトなので是非ご覧ください。

Copyright(c) 2013 healthy aojiru All Rights Reserved.