yasai_batake

青汁の主成分と摂取可能な栄養素

独特のテレビコマーシャルが放送されていた事もあって、昔から青汁の存在は広く世に知れ渡っていました。
現在各社が販売している商品は様々な野菜を原料として製造されているわけですが、有名なのはアブラナ科のケール、文字通り大麦の若葉である大麦若葉、セリ科の明日葉などです。
流通している商品の多くがこれらをメイン成分としていましたが、必ずしもその植物単体ではなく、ブレンドや製法も商品によって様々です。
また最近ではミドリムシの名前で知られるユーグレナも大きな注目を集めています。
これらの原料を使って製造される青汁ですが、その効果はいろいろな面に及んでいます。
様々な種類のビタミンやミネラルを自然のままに摂取することができます。
それも人工的配分ではなく、植物が内包する自然のままのものです。
野菜不足になると腸の働きが悪くなり便秘になりがちです。
便秘に悩む女性も多いですし、高齢になると胃腸の消化機能が衰えてきます。
毎日1杯飲むだけで多くの食物繊維を摂取する事ができるので有効な対策になると言えます。
そもそも野菜が苦手という人にとっても毎日1杯飲むだけですからビタミンやミネラル、食物繊維を手軽に補給する手段として有効になります。
栄養豊富な大麦若葉青汁について紹介しているページがありました。是非ご覧になってみてください。

主成分として多く使われるケール、大麦若葉、明日葉を個別に見てみると栄養素の違いも見えてきます。
ケールはキャベツに近い植物なのですが、栄養面においてはキャベツを大きく上回っています。
ビタミン、ミネラルの他、酵素、クロロフィル、フラボノイドを多く含んでいるのです。
カルシウム、リン、ビタミンA、B1、B2、Cを同量のキャベツより多く摂取する事ができます。
カルシウムに至ってはキャベツの倍以上を含有するという豊富さです。
大麦若葉はカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラル類、クロロフィルを多く含みます。
ビタミンB1、C、E、カロテンの摂取において優れています。
鉄分の摂取にはレバーが有名ですが、臭みがあって苦手という人も少なくありませんし、レバーで毎日摂取するとなると肉の摂取過多などの弊害が出てきます。
大麦若葉はバランスの取れた植物なのです。
明日葉は緑黄色野菜に求められるビタミン、ミネラルは概ね含んでいます。
ビタミンA、B1、B2、B3、B6、B12、C、D、E、K、葉酸、パントテン酸を含み、カルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛も含有しています。
そのバランスは緑黄色野菜のなかでもトップクラスと言えます。
こちらのサイトにも、青汁が含む栄養素などを紹介しているページがありました。是非ご覧になってみてください。
青汁を選ぶときにはhttp://xn--u9j554ha105s1jfc08aix6a.com/口コミランキング.htmlの人気ランキングなどを参考にしてみてください。

Copyright(c) 2013 healthy aojiru All Rights Reserved.