yasai_batake

青汁を原料やタイプ別で決める選び方

青汁を購入しようと思うとその多さにどれを選んでいいのか分からなくなってしまいます。
原料やタイプ別効果による選び方を考えてみたいと思います。
一番最初に考えつく物は、ケールというアブラナ科の生命力が強い植物があります。
ケールにはビタミンAとカルシウムが特に多く含まれていて緑も濃く葉緑素や葉酸が豊富です。
イネ科の植物に大麦若葉があります。
ビタミンやミネラルがバランスよく含まれた抗酸化作用も期待できます。
生命力が強いのでそこから名前がついたとされる明日葉はとても青汁として注目を集めている植物です。
その生命力は今日摘んでも明日には芽が出るといわれるほどに強くポリフェノールの一種を持っていてカリウム、カロテン、ビタミンBなどの栄養が豊富に含まれています。
沖縄野菜として知られているゴーヤも青汁の材料となります。
ビタミンCを多く含みカリウムが豊富です。
緑茶はビタミンCを含み抗酸化作用や高血圧予防、口臭予防に効果を発揮します。
他にも桑の葉、クマザサなど原料となっている物が多くあります。
それぞれの原料を組み合わせることで製品として販売されています。
主原料がなんであるのかが購入する時の一つの目安となることでしょう。
こちらのサイトwww.nabilonline.netにも、詳しい解説が記載されています。ご覧ください

タイプ別で決める選び方はどのような物があるかというと、一番手軽に飲めることを考えると錠剤ということになるでしょう。
時間のない時にでも飲みやすく管理もしやすいタイプといえるでしょう。
錠剤タイプは1錠あたりに含まれる栄養価が少ないために多めに摂取することになります。
一度に摂取するとそれだけでお腹が一杯になると、いやになるかもしれませんが、1日に何回かに分けて摂取しましょう。
粉末タイプは水に溶かして飲みます。
栄養のバランスはとても良いといえるでしょう。
水に溶かして持ち歩くこともできるので気が向いたときに飲むことが出来ます。
また粉末のまま持ち歩くこともできるので、旅行や出張にも持っていくことが出来、日々の健康管理の役に立ちます。
難点は、粉末のために粉っぽいところでしょうか。それも飲んで行くうちに慣れてくるでしょう。
3つ目は冷凍タイプです。
文字通り生の青汁を絞り冷凍してある物です。
含まれている栄養を損なわないように急速に冷凍しています。
中には濃縮してある物もあります。
解凍することで絞りたての味と栄養を取ることが出来ますが味は粉末に比べるときつく感じます。
このように原料やタイプを考えただけでもいろんな種類から選ばなくてはなりません。
好みに合った物を選んで日々の健康を手に入れましょう。
青汁の基礎知識のページも是非ご覧ください。フリーズドライ、サプリメントの製品についての詳しい解説が記載されています。

 ↓飲みやすい粒タイプの青汁
  
Copyright(c) 2013 healthy aojiru All Rights Reserved.